中古マンションで投資を始める|物件選びがカギです

マンション

優良資産の恩恵を受けよう

握手

手軽に副収入を得よう

安定収入を得るために中古マンションで不動産投資を始める人もいます。しかし、中古マンションを買って家賃収入を得ようとするよりも、もっとリスクを抑えて、そしてもっと手軽に安定収入を得られる手段があります。それは上場不動産投資信託を保有することです。上場不動産投資信託とは、不動産投資を証券化した金融商品です。株式市場で売買されており、証券会社に口座を持っていればすぐに買うことができます。どの銘柄も売買高がそこそこあるため、流動性にも問題がありません。投資額も手頃です。中古マンションの場合、ワンルームでも都市部のものであれば、築浅物件で1500万円から2000万円、築30年くらいでも1000万円程度します。

数十万円で買えます

上場不動産投資信託であれば、多くの銘柄が数十万円程度で購入することができます。そのため、投資口価格を睨みながら買い増していくということも可能です。分配金は半年に1回のペースで支払われます。決算月の2ヶ月から3ヶ月後くらいに支払われることが多いので、決算月の異なる銘柄を6銘柄以上保有すれば、毎月、分配金をもらえます。上場不動産投資信託が保有している資産は、銘柄によっては、駅に近い超高層オフィスだったり、有名な大型ショッピングモールだったりするケースもあり、個人が中古マンションを購入して不動産投資をするより、はるかに優良な資産で運用することができます。日々の管理運営は運用会社が行ってくれるので、投資主は分配金を受け取るだけでよいのです。

保有資産を生かす手法

街

個人や企業が土地活用を行うときには、駐車場経営や賃貸マンションやアパート経営などの中から選ぶことが可能です。持っている土地を活用するためには、目的別に最適な業者のサポートを受けるべきです。良い業者は入居者の募集や建物のメンテナンスなどの支援体制も万全です。

View Detail

賃貸物件の空室保証が人気

男性

マンションやアパートでは土地活用が可能であり、その際に行われている取り組みではサブリースなどがあります。このサブリースを行う事で決まった金額の収入が手に入れる事が出来るからです。

View Detail

相場の監視が一番大事

不動産

人によっては一定の収入を得るために賃貸経営をされることでしょう。この賃貸経営をしていくのは安易ではありません。なぜなら、上手く賃貸してもらわないといけないからです。そのため賃貸相場をちゃんと把握しておかないといけません。

View Detail